2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

地球の生命、高温化で28億年後に死滅?

 【29//2013】

地球の生命、高温化で28億年後に死滅?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000002-natiogeog-sctch

今から28億年後には地球上の全生命が死滅に追い込まれるという、厳しい現実をつきつける研究結果が発表された。

 現在、地球に住む生命にとっては快適な温度が保たれているが、今後の進化の過程で、太陽は温度を上昇させるとみられる。今後50億年以内に、核融合に必要な燃料を使い果たした太陽は「赤色巨星」と化して膨張し、我々の住む地球もいずれ飲み込まれるという。

 しかし、現在地球に生息する生命体は、太陽が赤色巨星の段階に達するはるか前から、上昇する気温に影響を受けるとみられる。



太陽の寿命が50億年ぐらいっていうのは広く知られている話しで、それに関連して地球もそれくらいで終わると認識してる人多いと思いますが
よくよく考えてみるとその前から地球の生命体には影響与えますよねって話ですね

この手の話しで妙に不安になる人もいるかもしれませんが
1億年でも途方もない時間ですから、25億とか意味が分からないと思います
その頃には、もう人間の原形をとどめていないかもしれませんしね、進化で
まぁ、普通に他の惑星に移住してるでしょう

ただ、太陽系外にいけばいいかと言えばそうでもなくて、我々がいる天の川銀河って、お隣のアンドロメダ銀河と引き合ってるんですよね
近づいているんです
で、そのうち合体するんですねぇ
その衝撃で、たぶん、お互いの銀河系内の星々は一回全部ガラガラポンされちゃいますね
もう一回惑星とか作り直しですねぇ

まぁ、人類の進歩速度を考えると、1億年後には、もう現在の人間とはかけ離れた状況になってるでしょうから心配する必要も無いですね
元記事の最後にも書かれていましたが、そんな気が遠くなる話しだと逆に安心して良いのだと思います

関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks