2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

恵比寿マスカッツ 反省会 その3

 【27//2018】

心配なのが、
もしも、マスカッツ解散なら、他の子も追うように引退するかもしれないって事ですね
関係者はそこら辺のモチベーションみたいなものを気にしてると思います


ただ、現状、解散しそうな雰囲気が無いというのは嘘になると思うのですが
一応、5月にライブが予定されてますから
近日中にそういう話が降ってわくことは無いと思います
ただし、5月のライブで突然解散、もしくは、活動休止のような話が出ないとも限らないでしょうけどね




みんなが一番知りたいのは、


マスカッツをどうしようと思ってるんですか?マッコイさん


って所だと思うんですよ


まぁ、世の中、地上波にレギュラー番組持ってるアイドルなんて極一部ですからね
無いとしても別に問題ないのかもしれませんが
ただ、それって、マスカッツじゃないよね?って所ですよ
abemaTVの生放送1時間で何ができるってわけでもないですし
他のその他大勢と変わりないですよね、そこらの地下アイドルと特に大差ないですよね
新曲も出さなければ、アイドルらしくきちんとレッスン等々してるわけでもなく
単に、たまにライブしますぐらいだと、もうあまり意味が無い、薄い、、、そんな感じですよね
下品な言い方をするならば、関係者的にはあんまりおいしくは無いでしょう
ギャラも良いわけでは無いでしょうし

マッコイさんは、責任者として、彼女たちをどうしたいんでしょうかと

マッコイさんとしては、
まぁ、やむなく地上波が終了してしまったが
このまま終わりにしては可哀想だし、何とかしてあげたい、
とは思ってると思います、思いたいです


しかしながら、

まず、みひろはどうするんだろうかと

年齢的な事もあるし、いつまでもダラダラアイドル活動に付き合うって訳にもいかないでしょう
PTAもいなくなって、最早、一人だけいるのは辛いでしょうよ
が、初代の時の問題もありますし、自ら言い出すことはできないでしょう、今度こそは

だとしたら、どこかで決着をつけてあげないと


元々は、やっぱり私が言ってたように
1年前ぐらいには、10周年のイベントを舞浜でっていうのはあったはずで
それに合わせて、PTAやみひろの下りを企画して、進めていたんだと思います
みひろも、10月から入って、春先の10周年の舞浜で改めて卒業、そこで活動終わりっていう風に考えていたはずです
PTAも舞浜までっていう目的で入ってきましたから、そこで、綺麗にPTAの仕事も終了
それに伴って、恵比寿マスカッツ1.5から1.5が無くなると、2.0になるのか、無印になるのかはわかりませんけどね
これが、当初、思い描いていたプランだと思います
ここまで成功していたら、その後は、初代も第二世代も無い
新しいステージに変わるマスカッツの11年目が始まる
大団円の良い状況というのが作られていたと思います
で、この計画が1年前ぐらいから動き出していたというのがわかるのが
昨年の初め、1年ぐらい前ですかね、もうちょっと後かな
急に、Rioさんがトレーニングはじめたんですよ
結構、食事とかジムとかで結構追い込んでる感じ
もうV撮しなくなってからそんなそぶりなんて、もしかしたらやってたのかもしれませんが
インスタとかに上げたりですね、そういうこと一切無かったのに
急に、なんかトレーニングとかはじめたんですね
当時、これ見て、ああ、流石に、何か仕事はじめるんだなって思ってました
実は、Rioさん引退してからその後って仕事らしい仕事って全くしてなかったんで、流石に何かはじめるんだなと
Rioさんって油断してるとすぐにティナ時代な感じで結構丸くなるんですよね笑
だから、やっぱり、TV出るから結構搾ったんじゃないかと
ですから、舞浜、10周年イベントに向けてのPTAやみひろが入ってくる計画自体は、
10月に急に決まった訳じゃなくて、私はかなり前からあったと思ってます

ただ、これが一気に崩れ去ったわけですね

PTAは突然でしたが、卒業ってことで、去らせたんで、まぁ、とりあえず、良いとして
みひろは、もう、想定外中の想定外という感じでしょう

舞浜で卒業したくて入ってきた事になってるので
舞浜が無理になってしまった現状では八方塞がりです

卒業したくてもできず
脱退したくても、今度脱退したら、もう汚名返上は無理になってしまう

ですから、みひろの脱退、卒業のさせ方というのが本当に難しい状況でしょう



今後も続くなら、一応、アイドルグループとして
ライブなり、新曲なり、そういうの今後もやる必要があるんですが
5月だけじゃなくて定期的に続くのだろうか

5月のライブは、たしか、オールスタンディングでキャパ2000?ぐらいで
たぶん、今までで一番大きい部類の会場じゃないですかね

ここが完売すれば、もしかしたら・・・っていう目が見えてくるのかもしれませんが・・・



前に私が書いてた、一発逆転があるとしたら
テレビ東京からは終わったけど、他局で新しく番組がはじまるっていう事が春ぐらいからあるなら
また復活することもあるでしょうけど

普段の活動に関してはYTEが前から協力してくれてて、
その伝手で日テレ系で番組始まれば逆に万々歳なんですけどね


ただ、もう、メンバーの様子見ると明らかに、次のことを考えてみんな仕事はじめてますよね

それぞれの単独での仕事とかをちらっと見たりすると
今までは「恵比寿マスカッツの」○○さんっていう感じだったんですけど
今年になってからは、「恵比寿マスカッツの」が抜けることが多くなってきましたね

やっぱり、今後も末永く続くかどうかはかなり不透明な状況なんじゃないでしょうか

もしもあるなら、ここまで盛り下げる必要無いですし、盛り下げる意味がわからないですからね
意味があるとすると、もう、メンバーに危機感を与えるためだけとしか思えないです


ということで、今後の可能性としてはいくつか考えられるのですが
現状見るに、現実としては、

良くて、緩く続く感じ
普通に考えると、今年中に解散か、事実上の活動休止
悪くて、5月のライブで突然の解散宣言


こんな感じではないかと思っています

本当は春、秋ぐらいから新しい事が始まる予定なんでしょ?って思いたいです
この状況は、危機感の無いメンバーに奮起を促すための期間なんでしょ?と
そう思いたいです

ただ、どう解釈しても、今の状況がそれを許さないんですよね


私だけじゃないでしょうけど、マッコイさんに直接問いただしたいですよね

どう考えてるんですか?と




続く



DMM.com [マスカットナイト 3枚組 DVD-BOX] DVD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ ライブツアー2016] DVD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ ライブツアー2017] DVD通販








Category: マスカッツ

Theme: 恵比寿★マスカッツ

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

恵比寿マスカッツ 反省会 その2

 【26//2018】

考えられる今後の可能性


現時点で決まってることとして、5月にZepp大阪?でライブがあると

これで、決定したこととしては

10周年のイベントはやらない、というか、マスカッツ10周年は完全にスルーするという事です
10周年は、4月ですからね
先に5月のライブの話をするって事は、10周年は無かったことになるということになります
(3年後に「活動年数を数えて10周年」という形にするのかもしれないですが)

だからPTAが解散になったわけです

そもそもPTAは「舞浜に連れて行くため」という役割がありました
それをその当初の目的の話も全部吹っ飛ばして、突然、PTAが去ることに

これは、もう、運営の中では、地上波も終わったので、これ以上契約してても仕方ない
という判断があったことは容易に予想できますよね
蒼井そらが釈然としない雰囲気でしたので、たぶん、PTA達はそんな感じでしょう

どう考えてもPTAは、
10周年に向けた、つまり、
10周年を舞浜でみんなで祝って
で、そこで、みひろの卒業もやって・・・という"理想"があって
そういう事のためであったとするのが妥当な考えでしょう

ですから、みひろの卒業云々、舞浜云々って話も、もう無かったことになるでしょう
事実上ね
実際は、そういう目標みたいなものは、残っていくかもしれませんが
まぁ、初代で言うところの武道館でとかいってるのと同じで、
到底叶うわけ無いよねという雰囲気のものと同じになると思います

そうなると、みひろの卒業っていうのも、もう、どうしていきましょうかっていう話になってると思います

みひろも、いい加減、いつまで付き合うの?って話になるでしょうからね
年齢的にもだんだん大変になっていくのは必至ですから

既に今年最初の名古屋のライブはみひろはスルーしてますし



ですから、こうなってしまった状況での今後の可能性を考えると

○5月のライブで突然の解散

○今年は定期的にライブをやりながら緩く続けるが、徐々に活動はフェードアウト、頃合いを見て解散、活動休止

○今後も定期的にライブをやりながら緩く続ける、解散はしない

○春or夏から他の局でレギュラー地上波が復活し、また精力的に活動が再開される


こんな感じのパターンが考えられます
一番下は可能性がかなり低いですね、視聴者側(私)の希望が入ってます



解散するのかどうか?という事に関しては

私は、昨年末からのAbemaの放送の感じで、解散か活動休止は既定路線だろうなという感触をもっています
その時期とか、解散という言い方をするのか、活動休止という形になるのかはわかりませんが

そもそも昨年末のライブで発表された新曲が、もう、最後の曲のような感じで
しかも、リリースされないって事は・・・っていうね
販売されず、カメラで取ってアップして拡散してーって言う時点で色々お察しな感じです

ただ、運営としては、今更、チャイナtwitterのアカウント作ったりですね
よくわからないところもあるんですよね
一応、これからも頑張りますよというポーズは見せてるわけでして
まぁ、作ってからの告知を公式が忘れてるぐらいなんで、どういう扱いなのかよくわかりませんが

もう一つは、湊莉久さんが引退を発表した事
基本、AV引退=マスカッツ卒業ですよ
で、今の時期に引退ということは、マスカッツ解散を肌で感じたからだと思います
マスカッツがあったからAV復帰したわけで、マスカッツが終わるなら、無理に続けるつもりも無いはずです

湊莉久の引退AVが3月発売ですよ
ということは、撮影自体は、昨年末に終わってるはずです
年初、1月は忙しいので、絶体に、昨年末に終わってるはずです
1月に撮影入れてそれが遅くなると、3月発売が大変になりますから
となると、引退の話云々を事務所やメーカーと話して、スケジューリングや企画を練る時間も考慮すると
引退を決意したのは、11月には決意してるはずです
10月にPTAが参加し、これからという11月という時期に引退を決意ということは
実は、PTAが入ってきた時にはマスカッツ自体がもうあんまり良くない状況になっていたんだなと、推測できます

また、湊莉久が当初、AV引退で、全ての芸能活動も含めて完全引退するつもりだったが
色々スタッフとかと話して、マスカッツも含めて続けるという事になった
という話から、マスカッツもそんなに長くないから、折角なら、もう少しやって最後までやった方が良くない?
的な話から、完全引退ではなく、AV以外はまだ続けるって話になったのではないかと、推測できます



ここで、時期的なもんですから、折角なので、湊莉久さんの話を少し入れておきます

別にファンじゃないので、そこまで詳しくは知りませんけど
あくまでも、私の知ってる範囲での話と印象や感想です

私、当然、デビュー時から知ってますけど
2015年にDMMアダルトアワード最優秀女優賞取りますが、取るまでは、結構好きな女優さんでした
実は、それ以降は、特に好きでも何でもないというか、興味が無くなったんですね
まぁ、その後マスカッツに入ったので、私としては、あんまり変なこと言うこともしませんでしたが

ただ、もう引退ということなので、私の印象等々を書いておきますと
客観的には、非常に、賢くてサバサバしてて男から見ても気持ちの良い性格だったと思います
で、良い女優さんだったと思います

元々は新宿でヘルス嬢やってたらしく、その後AVにくるわけですが
最初はそんな慣れた感じが全くなくて初々しくてかわいげのある子だったですよ

で、2014年末に一回事実上の引退宣言してるんですよね

ただし、本人的には、


湊 莉久@riku_minato 15:30
色々勘違いされてるけど、引退するのは初めてですよ…笑
以前『体調不良で休養します!引退じゃないです!』って言った時、勝手に引退したと思い込まれててあたふたした記憶があります。



と、いっていますが、当時、私も引退のニュースが耳に入ってきて
すぐに色々発表されたブログとかも見ましたけど、
字面としては、無期限休止という事でしたよ
そんな軽いノリの文章じゃなくて、まじめな文章で

当時の私の見聞きした感じで言いますと
膣内で炎症かなにか起こしたとかいう話で

これ、昔、確か、麻倉憂さんも一回それで引退してるんですよ
セックスがもう痛いらしんですね、それになっちゃうと
治るかどうかもわからないらしくて

で、麻倉憂さんは、その後、奇跡的に治ったらしくて、復帰されたんですね
それを知っていたので、ああ、無期限休止というか、ほぼほぼもう引退だろうなと
私だけじゃなくて、みんな、事実上のAV引退だろうなと思ってたはずで
巷でも、湊莉久AV引退で話題になってたし、話が通ってたと思います

本人がそういうつもりじゃなかったといくら主張しても、世の中の殆どの人がそうだと思ってましたよ
私も早合点と言われればそうなんですが、まぁ、状況からそう思ってました

ただ、発表直前までバリバリやってたのもあって、偶然、年明けの2015年のDMMアダルトアワードにノミネートされるんですよ
特別、ランキングが高いというわけでもなかったと思うので
色んな関係の中で、選ばれたという感じだったはずです
ランキング的な事を言うなら当時なら桜井あゆの方が高いはずで
ただ、桜井あゆはアワード開催時期にKMP専属が決まっていてその関係で
キカタン代表的な感じで湊莉久になったのだと当時推測しています

で、ああ、もう引退だろうし、引退のはなむけとして何か受賞できたら良いんじゃないですかねぇという感じで
私も思ってました
もう、引退だろうから、何かを取らせてあげよう的に思ってた人、私だけじゃなくて、たぶん多かったと思うんですね

それもあってか、湊莉久が最優秀女優賞取るわけです

で、実は、この年のDMMアダルトアワードで、希志あいのが引退を発表するんですよ
希志あいのさんて一回もそういう賞的なものと縁がないんですね
もしも、希志あいのが投票前に発表していて、幅広く、もう最後だから何か取らせてください的にアピールしてたら
まだ、マスカッツも解散して間もない頃だったし
それこそマスカッツファン総出で応援してたんじゃないですかね
ですから、結果が違ってたかもしれないですよ
でも、希志あいのは、潔く、そういうことはしなかったわけですけどね

ただ、皮肉にも、この年のDMMアダルトアワードは、湊莉久受賞よりも
希志あいの引退発表一色になってしまいましたが

私、それで、湊さん受賞して良かったねーで引退されていくんなら別に何も思うことはなかったんですが

その数ヶ月後、マスカッツ復活の話が出てきて公募がはじまりますよね

で、その公募の話が出てきたら、突然、今は亡きチームゼロに専属として復帰という話が出てくるんですね

そして、復帰と同時にマスカッツのスタートメンバーにも選ばれると

膣の病気ってそんな数ヶ月で復帰に目処が付けられるくらいに急に治るものなんですかね
しかも、無期限休止を宣言して、もう次が最後の撮影です、痛いけど頑張ってきます的な状況から、ですからね
麻倉憂さんも1年以上は休まれてたはずです
病気が嘘だったのか、何のための嘘なのかわからないですが
それとも、突然、受賞しちゃったら、そしたら、なんかマスカッツに入らないか?みたいな話が出てきて
じゃ、もう、多少痛いけど、月一ぐらいなら平気だと思うし
マスカッツに入れるなら、復帰するわみたいな話なのか

どちらにしても、ファンの人は別ですけど
客観的に見て、この一連の出来事って、当時の印象だと、あんまり気持ちの良い話では無いんですよ
しかも、最初、AV撮影はできないけど、事務所のアイドル活動は続けますとして、しばらく続けていたけど
自分がマスカッツに入れるとなったら、自分が抜けるからということでしょうが、
突然、その事務所のアイドルグループは解散になってますからね
これもよくは知りませんが、他のメンバーのファンでそのアイドル活動を応援してた人はどう思ってたんでしょうか

まぁ、別に悪いことは何も無いんだけど、なんかこれら全てがスッキリしない話なんですよ
ファンの人は別に何も思うことも無い事なのかもしれませんけどね

だから、個人的には、DMM受賞、マスカッツ入り以降は、なんかこう腑に落ちない気持ちでしか見られなくなってですね
興味が無くなってしまったんですね
申し訳ないですけど、前は気になる女優さんの一人だったんですけどね

本人じゃないので、事実はどうなのか知りようも確認しようも無いですが
少なくとも客観的にはこういう風に見えていたという事です

ただ、女優としてはそんな感じですが、

マスカッツとしては
与えられた役割をきちんとこなしていたなと
私はマスカッツ的には良いバイプレイヤーだと思ってます
マスカッツメンバーとしては優秀なメンバーの一人だったと思いますよ

で、今回AV引退という事なんですが、
そもそも企画の時は、数出しまくってたのでそれ相応の売上でしたけど
専属で月一本になってからは、まぁ、今年のランキングとか見ればわかると思いますが
一応、ランキング入りはしてますけど、年々、それほど特筆すべきほどのものでは無くなってきてるんですよね
他の今までのDMMの受賞者に比べるとかなりの売上の落ち込みが大きいのも事実です
ですから、ご本人の性格など考えると、ここらが引き際としては丁度よかったのかもしれませんね


湊莉久さんの話はこのくらいにしましょ



続く



DMM.com [マスカットナイト 3枚組 DVD-BOX] DVD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ ライブツアー2016] DVD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ ライブツアー2017] DVD通販





Category: マスカッツ

Theme: 恵比寿★マスカッツ

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

恵比寿マスカッツ 反省会 その1

 【26//2018】

テレビ東京地上波放送打ち切り
第二世代放送開始2015年10月からの約2年
そして今後について考える



現時点で判明してる事実等から色々な事を考えていきます


本当は打ち切りが決まってすぐに書き始めていたんですが
年末ということもあったり、あと、状況がよくわからなかったり
時間がたつと、たまに新しい情報が出てきたりということで
色々書き足していて、遅くなっていました
とりあえず、番組終了の区切りということで、色々と振り返って考えてみたいと思います





昨年末、事実上の打ち切りという形で、地上波の放送が終了しました

ナレーションでも「7年の歴史」と言ってましたね
放送年数を初代から数えてるんですね

マスカッツの歴史としても、これで終わりという意味合いが
ナレーションにも現れているのでしょうか




AbemaTVの生放送はまだやっていますが
・・・いつまで続くのか不透明ですかね
あの枠組みの企画で番組がどこまで続くのやら

要するに脱ぐわけには当然いかないわけで
あからさまなエロ要素にも限界があるわけでして
毎回結構な大人数をキャスティングしてるんで、それほど番組制作にお金もかけられ無さそう
既に、結構大変な状況なんじゃないかなと思います
始まった当初と比べると今や全く別の番組内容になっていますし
人が多いから一通り全員に話しふるだけでもMCは大変でしょう

しかも、少し前の放送で、なにやら、マスカッツ自体も近々解散なのではないかと
思わせるような発言が大久保さんからあったりもしました、つい口走ったというか

また、先日の放送で、PTAが卒業という形で、グループから離れる事も発表されました
3,4ヶ月間だけ、後見人という立場で、参加してただけなのに、一体、何からの卒業なんでしょうか

AbemaTVの番組で一番痛いのは、

最近、同時間帯、裏ではじまった、同じAbemaTVのゲームチャンネルの番組ですね
同じ生放送なんですが、ゲーム番組で客寄せ用にAV女優呼んでゲームを使ったエロ番組をやり始めています
ハッキリ言って、完全に、客を食われています
視聴者総数が倍違いますから

これ、正直、みなさんどう思いました?w
ゲーム番組は、それ自体、出演されてる女優さんはそれぞれみなさん頑張ってらっしゃるので
それはそれで良いんですよ、何の問題も無いです

番組編成権は当然AbemaTVにあるでしょ?
無理に裏にぶつけなくても良いじゃない
しかも、地上波終わってAbemaTV頑張っていかなアカンなーっていうときにですよ
今までどんだけ、AbemaTVの番組にマスカッツが貢献してきたと思ってるんですか
私ね、裏切りに見えましたよ
落ち目に止め刺そうとしてきてるんか?ってね
都合の良いときだけ使って、あれか、いらんようになったら知らんってそらないわ
そら数字良くないから打ち切りとか、そういう判断はどこの世界にでもあると思いますがね
こんなやり方いかんでしょ、信用で持ってる芸能界でそんなやり方したら痛い目あうんちゃいますかね


あと、先日入ってきたニュースですが、
3/1でDMMがアダルト事業を分社化するって話が出ていて
これがもしかしたら何かの影響を及ぼしていたかもしれないですね
新会社は昨年末に設立されてるんですよね、つまり、マスカッツ地上波終了と被ります
これって、もしかして、DMMとして、マスカッツのスポンサーはできなくなったからという事じゃないんですかね
いや、マスカッツは成人向け事業では無いんですが、そういう風に見てるって事ですかね
逆に、DMMのイメージが悪くなると・・・
新会社が動き出すのは夏ぐらいとのことですが・・・
ただ、現時点では全く何もわからないので何とも言えないです
今のところ、表面的には特に何もかわらないようですけどね
これとの関係性については何か確定情報でもない限り現時点ではよくわかりません





さて、この2年を総括してみようということで書き始めましたのですが
あんまり言う事が無いんですよね
一昨年長々と指摘した長編記事に書いてあることや、今までたびたび書いてきたことと
あんまりかわらないというか
ただ、一番最初に懸念していたこと
「マスカッツの歴史に泥を塗ってはいけない」
に関しては、このままでは黒歴史扱いになってしまいそうな雰囲気で・・・




10月に入った初代の4人は、2つの見方ができると思います

一つは、本当に打ち切りになるとは思ってなくて、今後の色々な事を考えて、入れた
もう一つは、内々には打ち切りの話も出ていて、最終手段のテコ入れとして、入れた

この二つが考えられますが、どっちでしょうかね
後者なら4人に対しては非常に失礼な使い方ですね
最後の記念にみたいな扱いだったのかもしれませんが


ただ、10月のリニューアルで、気になったのは、
今までは、マスカットという番組の番組ユニット恵比寿マスカッツという体裁はずっと守ってきたのに
完全に、マスカットが無くなって、恵比寿マスカッツの番組になりましたね、タイトルがね
これって、つまり、番組が無くなっても、ユニットとしては続いていきますよ
っていう事を見越しての変化だと言えるんじゃないでしょうか

ということは、やはり、10月の時点で、既に、先が見えていたんじゃないでしょうか



続く



DMM.com [マスカットナイト 3枚組 DVD-BOX] DVD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ ライブツアー2016] DVD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ ライブツアー2017] DVD通販






Category: マスカッツ

Theme: 恵比寿★マスカッツ

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

DMM 成人向け事業を分社化 企業価値があがるのか?

 【23//2018】

成人向け事業を分社化 株式会社デジタルコマースを設立 : プレスリリース|DMM.com Group

成人向け事業の分社化


分社化に至った背景

DMMでは、FX・英会話・太陽光発電、3Dプリンター事業など様々な事業を展開しております。2018年には、グループ創立20年となり、企業として節目となる年を迎えるにあたり、グループ全体の企業価値の最大化を目的に、この度、成人向け事業の分社化を決定致しました。
新会社であるデジタルコマースの事業は、半年後をめどにブランドを刷新し、新たなロゴ・サービス名にて展開していく予定です。



ゲーム事業の分社化に伴い、合同会社DMM GAMESを設立 : プレスリリース|DMM.com Group


亀山 敬司
DMM.com 取り仕切り役 会長
DMMはエロを卒業します。ただし、俺は新会社の株主だし、DMMの上場も考えてないよ。
私のことはエロで嫌いでも、DMMのことは嫌いにならないでください!














分社化は誰もが納得する話だと思うんですね
昨今の色んな事を考えると、リスク分散として、分社化しておくのが当たり前ですよ

因みに、上記にあるように、ゲーム事業も分社化したので
まぁ、分社化はDMM全体の流れではあるようです



しかし、上記にあるように、

企業価値の最大化のために、成人向け事業を分社化する

とありますよね

つまり、

企業価値を成人向け事業が下げている

と判断しているととらえられますよね

亀山さんの言葉にあるように、DMMはエロを卒業しますと
書いてはないですが、
何故ならばDMMの企業価値を成人向け事業が下げているからだと


一般的に考えると、確かにそうだとは思うんです


ただ、どうでしょうねぇ・・・



んー・・・



DMM.com/DMM.R18サイトをご利用いただいているお客様へ

分社化に伴い、お客様の手続きは必要ありません。
アカウント情報や購入商品、DMMポイント含め、DMMの各サービスは今まで通りご利用いただけます。
クレジットの利用明細書の利用先(利用店)の記載も変更はございません。




とあるように、ユーザーからのサービス等々は何も変わらずと

どうなるんでしょうね
半年後を目処に、新たなロゴ、サービス名で展開していく予定ですとありますので
DMM.R18っていう名称が変わるのかどうか・・・



ここで、ちょっと引っかかるのが

DMMはそのまま残るんですよ、名称として
つまり、DMMはDMMなんですよね


DMM会員って1000万人超?でしたっけ?もっとかな?
ざっと国民の10人に1人はDMM会員なんですよ
DMM会員はDMMがアダルト事業もやってるっていうのは百も承知ですよ、当然
これが、知ってる人が10人に1人だったら違うんですが
違うでしょ?
会員以外も含めると知ってる人は、少なく見積もっても、5割近いですよね

だいたい、世間的な認知の壁が3割ぐらいだと言われてて
3、4割越えると、それが世間の常識になるんですよ

だから、例え、分社化しようが、DMMはDMMなんですよ


つまり、ぶっちゃけ、成人向け事業のイメージが悪いので分社化したいという事だとしても

たぶん、いや、100%、DMMって名前のイメージは変わらないです

団塊世代とか年寄りは知らないですが、DMMだから嫌って人は
特殊な、宗教的な理由か思想的な理由でもなければ、今どきの人で、いないと思いますけどね
確かに、DMMって名前でチープなイメージを持つ人が多いかもしれませんが
チープさはそれこそ別の企業努力の問題であって
あからさまな差別意識を持つ人っていないと思いますよ
わかんないですけど、そこらのIT企業の社員ですっていうやつよりも
今ならDMMの社員の方がカッコイイでしょ
そんなもの拘るやつって60代以上でしょ、世間的には厄介者扱いされてる世代以上ですよ


逆に、成人向け事業もやってるから、良い面もあったと私は思います

どこまでも泥臭くて、面白ければやってやろうっていう、インディーズ魂っていうかね
そういう企業としての挑戦意識みたいなものが感じられてね
この挑戦意識やそういう起業精神的なものが今のDMMを作ってきたと思います

でも、イメージ悪いから、分社化しますってなったら
あ、この企業も、他の企業同様、でかくなったから守りにはいるのねと
つまり、普通の企業になるのねと
DMMらしい、粋な部分は捨てていくのねと
まぁ、大人な判断だと妥当な判断なんでしょうけど
私は第一報でそういうイメージもわきました



本当に、イメージだけの話ならば、他の事業を分社化して、名前変えた方が良いですよ
でも、それは、規模や影響的に無理なんでしょうね


とりあえず、デジタルコマースって長くて言いづらいし、せめて略称にして欲しい、DCなんとかとか
デジコマ?



これで、成人向け事業の名前に、DMMって使えなくなるなら
もしかして、今年が最後の、DMMアダルトアワードになるのかもしれませんね
もうDMMで通ってるから、DMMで続ければ良いのに
デジタルコマースアダルトアワード?・・・なんかダサくね?



ユーザーの使い勝手は特に変更は無いって話になってますが
実際、どうなるのかわからないですね

例えば、ゲーム関連も、今は、一般ゲームと成人向けゲームは別れてますが
DMM.comとDMM.R18に入り口が別れてるってだけですからね

色々相互に連携してるサービスもあるはずで、それがどうなるのか
でも、ゲーム事業も分社化してるので、そこは一体なのかも?

結局、ユーザーがあんまり意識しないで今まで通り使えるって事なら
尚更、分社化の意味が、イメージはどうでもよくて、リスク分散って話になって
企業価値とかあんまり関係ないって事になるんじゃないでしょうかね




結論としては、
リスク分散のための分社化なら、話はわかりますが
企業価値を上げるため、つまり、企業イメージを上げるための分社化は、意味がわかりません

そんなに成人向け事業のイメージが企業の足を引っ張ってるなら、
一般事業の名前変えない限り、イメージが今更変わることは無いでしょう
何十年後なんですかね、効果が出てくるのは
そして、リスク分散のための分社化なら、デジタルコマースじゃなくて、株式会社DMM.R18で良かったと思います
つまりは、ゲーム事業は分社化してもDMMという名称が使えて
成人向け事業はDMMという名称が使えない理由があるって事ですね

よって、現時点では、全てが中途半端な分社化であると考えます

ただし、そもそも中途半端にしかできない理由があるのだろうとも察します

企業価値云々は後付で結局リスク分散って事だから中途半端な事しかできないという事かと



まぁ、私的には、結局、
このDMMを作っている、作ってきた成人向け事業を、企業価値を下げているものとし、分社化せざるを得なかった
色んな事に対して、総合的に憤ってるわけでして
DMMの一般事業が頑張って成果を出せば、
成人向け事業に対しても単にスポイルされているという見方だけじゃなくて
イメージアップになっていたわけでしてね
お互い持ちつ持たれつ良い関係だったと思っていたんでね

そういえば、ドワンゴもカドカワとの合併で、R-18のエロ部門切り捨てて、凋落の一途を辿ることになりました
ネット、デジタルの世界では、エロはあげまん要素なのに
まぁ、切り捨てたわけじゃなくて、分社化しただけですが
それでも、イメージ的には企業価値を下げていると判断したのは明白であってね



さて、DMMとデジタルコマース、どうなっていくでしょうね

こうなったら、DMMが頭を下げて戻ってきてくださいと言うまで、
デジタルコマースが利益を上げまくるしかないでしょう
足蹴にした奴、厄介者扱いした奴、ざまぁみろと
おまえらの事業軒並み終わってるじゃねーかと、鼻で笑ってやりたいね

因みに、私は、これからは
デジタルコマースには金を落としますが
分社化したなら、
DMMの方に無駄に金を落とす気はありませんので笑
でも、あれだな、結局、ネットの売上はDMMがもっていくのか・・・
だからDMMも安泰というわけかな





この分社化に対して、少々心配に思ってる業界関係者もいると思うんですが

私は、亀山さんを信じてますよ
エロは続けるといってるようですし、デジコマは亀山さんが株主のようですから

少なくとも亀山さんがエロを捨てない限り大丈夫だと思います
今のエロ業界、亀山さんとその一族がエロを捨てない限りは何とかなるでしょう









Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

DMMアダルトアワード2018 最優秀新人女優賞 最優秀女優賞 ノミネート女優 まとめ (&雑感その他)

 【18//2018】

トップページ | DMM.R18アダルトアワード 公式ページ





名前 愛音まりあ 明里つむぎ 河南実里 桜もこ

生年月日 1996年2月22日 21歳 1998年3月31日 19歳 1997年9月18日 20歳 1991年3月19日 26歳
AVデビュー 2016年12月3日(2年目) 2017年3月19日(1年目) 2017年3月1日(1年目) 2017年11月1日(1年目)
身長 165cm 155cm 159cm 153cm
BWH B86cm W59cm H88cm B80cm W58cm H83cm B86cm W59cm H89cm B79cm W55cm H76cm
出身地 神奈川県 神奈川県 - 埼玉県
趣味/特技 コスプレ ネットサーフィン、アイドル研究 ショッピング/ウインク 歌・ダンス・モノマネ
専属メーカー プレステージ アイデアポケット - kawaii*
所属事務所 ティーパワーズ C-more クルーズグループ -
blog等 - - - -
twitter
フォロワー 22,067(2016/10/19~) 27,818(2016/12/02~) 3,853(2018/02/01~) 8,836(2017/09/28~)
作品数
(dmm登録)
19 17 74 3

名前 桜空もも 松本菜奈実 水卜さくら 三田杏

生年月日 1996年12月3日 21歳 1994年8月23日 23歳 1997年11月30日 20歳 1999年2月16日 19歳
AVデビュー 2017年5月1日(1年目) 2017年3月1日(1年目) 2017年5月7日(1年目) 2017年11月2日(1年目)
身長 160cm 163cm 152cm 166cm
BWH B90cm W55cm H86cm B100cm W62cm H89cm B79cm W52cm H78cm B84cm W59cm H87cm
出身地 秋田県 広島県 - 青森県
趣味/特技 - - - 犬と遊ぶこと、料理
専属メーカー アイデアポケット エスワン ムーディーズ SOD
所属事務所 ティーパワーズ マインズ アルシェ ライフプロモーション
blog等 - - - -
twitter
フォロワー 40,926(2017/01/02~) 40,790(2015/09/24~) 28,636(2017/04/05~) 7,434(2017/09/28~)
作品数
(dmm登録)
15 17 22 4

名前 山岸逢花 吉高寧々

生年月日 1992年11月30日 25歳 1995年12月1日 22歳
AVデビュー 2017年7月25日(1年目) 2017年9月1日(1年目)
身長 160cm 155cm
BWH B82cm W59cm H81cm B84cm W56cm H85cm
出身地 - 兵庫県
趣味/特技 お菓子作り・食レポ -
専属メーカー プレミアム エスワン
所属事務所 クルーズグループ エイトマン
blog等 - -
twitter
フォロワー 8,850(2017/08/10~) 21,004(2017/03/05~)
作品数
(dmm登録)
9 10




















名前 あべみかこ 羽咲みはる 希崎ジェシカ 桐谷まつり

生年月日 1994年2月21日 23歳 1992年3月3日 25歳 1989年6月10日 28歳 1996年8月15日 21歳
AVデビュー 2012年6月20日(6年目) 2016年4月1日(2年目) 2008年9月1日(10年目) 2016年12月8日(2年目)
身長 158cm 151cm 160cm 165cm
BWH B82cm W57cm H83cm B86cm W59cm H84cm B86cm W60cm H87cm B91cm W59cm H88cm
出身地 東京都 広島県 東京都 秋田県
趣味/特技 ピアノ - ボーリング/フルート お酒、バスケットボール
専属メーカー - エスワン ムーディーズ/アイデアポケット SOD
所属事務所 アルシェ ティーパワーズ Duoエンターテイメント C-more
blog等 - -
twitter
フォロワー 44,545(2014/09/08~) 73,473(2016/02/23~) 155,527(2011/02/02~) 23,842(2016/10/21~)
作品数
(dmm登録)
289 47 415 30

名前 椎名そら 園田みおん 高橋しょう子 戸田真琴

生年月日 1995年7月12日 22歳 1994年11月11日 23歳 1993年5月13日 24歳 1996年10月9日 21歳
AVデビュー 2015年10月25日(3年目) 2015年8月7日(3年目) 2016年5月1日(2年目) 2016年6月23日(2年目)
身長 155cm 150cm 161cm 152cm
BWH B88cm W56cm H83cm B90cm W58cm H88cm B87cm W59cm H86cm B83cm W58cm H83cm
出身地 愛知県 神奈川県 愛知県 静岡県
趣味/特技 - アニメ・カラオケ ギター 映像制作、散歩
専属メーカー - プレステージ ムーディーズ SOD
所属事務所 シエロ RIL グランツプロ ビースター
blog等
twitter
フォロワー 83,427(2015/09/18~) 72,431(2015/04/16~) 140,708(2016/04/06~) 52,638(2016/05/01~)
作品数
(dmm登録)
324 71 24 43

名前 橋本ありな 麻里梨夏

生年月日 1996年12月15日 21歳 1993年6月9日 24歳
AVデビュー 2016年3月19日(2年目) 2014年3月7日(4年目)
身長 166cm 148cm
BWH B83cm W56cm H83cm B80cm W56cm H82cm
出身地 - 千葉県
趣味/特技 ショッピング、歌 ゲーム(RPG)、映画鑑賞
専属メーカー エスワン -
所属事務所 アローズ C-more
blog等 -
twitter
フォロワー 89,824(2015/11/20~) 59,154(2015/09/25~)
作品数
(dmm登録)
82 336



















毎年恒例になっておりますので、一応、全ノミネート女優を
諸々の情報も付加して、一覧にまとめておきました
年齢とか、デビュー時期とか、所属事務所とか、どこ専属であるとか
そういう視点でも見ると面白いと思うので


因みに、見慣れない事務所があると思いますが
昨年あった色々な騒動で、主に事件に巻き込まれた事務所の殆どが
やっぱり、イメージが悪いって事で
一度解散して、新たに事務所作り直すとか
あとは、リスク分散ということで、分社化するだとか
そういう事を行ってる関係で、はじめて見る事務所とかが最近増えてる影響です
たぶん、巻き込まれた事務所で何もやってないのはマインズぐらいかなと
巻き込まれてない事務所ですら色々対策やってるところもあるんですけどね




さて、今年もこの時期がやってまいりましたが
みなさん、どんな印象を持たれたでしょうか

何で○○ちゃんが入ってないの?

的な事を思う人がいると思いますが

まぁ、DMMが出してるランキングを見るか
もしくは、私が毎年、DMMのランキングを総合的に集計してるので
そちらを参照してもらえば
まぁ、殆ど理解できる範囲かなとは思います

以下は、集計から、今回、ノミネートされた人達を抜き出したものです


AV女優ランキング(新人賞ノミネート女優) 
順位 女優名 合計
74 水卜さくら 82
94 桜空もも 62
95 愛音まりあ 57
107 河南実里 44
119 明里つむぎ 31
131 松本菜奈実 20
- 吉高寧々 0
- 桜もこ 0
- 山岸逢花 0
- 三田杏 0

ヒット作ランキング(新人賞ノミネート女優) 
順位 女優名 合計
4 水卜さくら 422
5 桜空もも 371
11 吉高寧々 240
22 明里つむぎ 161
27 桜もこ 121
28 山岸逢花 115
29 松本菜奈実 109
55 河南実里 61
64 愛音まりあ 46
- 三田杏 0



AV女優ランキング(女優賞ノミネート女優) 
順位 女優名 合計
1 高橋しょう子 294
3 椎名そら 286
5 麻里梨夏 282
8 あべみかこ 252
16 園田みおん 223
30 橋本ありな 170
44 羽咲みはる 132
64 戸田真琴 96
83 希崎ジェシカ 73

ヒット作ランキング(女優賞ノミネート女優) 
順位 女優名 合計
1 高橋しょう子 2882
6 麻里梨夏 352
15 園田みおん 193
33 椎名そら 90
38 橋本ありな 83
44 希崎ジェシカ 78
48 桐谷まつり 70
75 羽咲みはる 27
80 あべみかこ 15
- 戸田真琴 0




AV女優 ヒット作ランキング 2017 年間 総合
AV女優 総合ランキング 2017 年間 全部門総合




AV女優ランキングは普通のランキングですが
ヒット作女優ランキングはヒット作をたくさん出してる女優ほど順位が高くなるランキングです
つまり、DMMアダルトアワードの選考基準に近いと言えると思います


で、全然順位低くいのに選ばれてるじゃないか?と、そういう疑問もあると思いますが

こればっかりは、例えば、
過去の受賞者だったり、引退者だったり、色々とそれぞれに事情があるんですが
一番大きいのがパブの問題です
基本的に、パブ全開の人じゃないと、こういう、色んなメディアにも紹介されるDMMアダルトアワードに出ようとしません

あとは、過去にも出てるし、もういいかなって感じで、辞退される人もいるでしょうしね
例えば、ベテランで言うと、吉沢明歩さん、つぼみさんとかですね

他にも、人前に出るのがちょっと・・・という人もいるでしょうしね、こういうの興味ないっていう人ね

あと、過去、所謂、熟女系の女優さんが選ばれたことは無いです
意図的に、外してるんだと思います
もしも、今後、熟女系にもって話になるなら、熟女女優賞という感じで分けると思います

ですから、色んな事情がありまして、
ただ、順位的には選ばれて良いはずなのに選ばれていない人に関しては
こういう感じで、何故選ばれていないのかの理由については、推測は容易だと思います

そういう観点で見ますと、まぁまぁ、一部バランスを取ったんだろうなと思われる節も無いわけではありませんが
理解できる範囲かと思います

あと、選考基準が若干数値が変わっているんですが、まぁ、たぶん選考上の理由があろうかと思いますが
そんなに大局には影響は無いだろうと思います





まず、新人賞の方ですが
仲村みうさんが出ていないので、
その他で言うと、ホントに、どんぐりの背比べっていう感じで
どなたでもチャンスがある状況だとは思います
それほど差があるとは思いません
個人的には、昨年末、今年の新人では桜空ももが頭一つ抜けてると書いてるので
まぁ、桜空ももかなと言わざるを得ないんですが、
ただ、こればっかりはわからないんでね
今年は、今までみたいにこの人だろうなという人はいない、そんな新人賞レースだと思います
ある意味激戦


女優賞は、高橋しょう子が異次元状態なので
んー・・・
まぁ、今年も高橋しょう子だろうなとは思うんですがね
これで、高橋しょう子じゃないなら、一体、誰が買ってるんだ?って話になりますからね
あとは、希崎ジェシカさんが入ってるあたりは、ちょっと面白いかなと
今年、結構、AVOPENもそうですが、色々なメーカーから出して、結構、作品数は多く出してるんですよね
その甲斐もあって、いつもよりは数字が良かった事が選ばれた理由かなと




ということで、新人賞、女優賞、それぞれあるんですが
ただ、投票してみないとどうなるかわかりませんからね
まぁ、変に盛り上げるつもりでいうんじゃないんですが
スカパー!の三上悠亜のケースもありますからね
油断してると足下すくわれるって事ですよ、女優やスタッフだけじゃなくて、ファンもね
高橋しょう子さんも取れるだろうって思ってると絶体やらかしますよ
そんな状態なら、余計に、他の人がチャンスでしょうね
頑張れば、2位には入れると思いますし

あと、早速、色んな女優さんから、取れたら○○します、みたいな
公約的な話も出てきてますが
あれも、投票って、全国民が行いますからね、海外からもできるはず
関東の人間だけじゃないですからね
だから、関東の人しか参加が面倒な公約を言われても、は?ってなると思いますよ

三上悠亜はスカパー!で悔しかったのか、DMMでは全国で無銭イベントやるっていって、
ホントに全国でやりましたからね、無銭で
全国っていっても、九州とか関西とかそういう単位ですけどね
まぁ、無銭なんて色んな人がくるから仕方ないんですが
後で客に不満いってるのはちょっとどうかと思いましたがね笑

三上悠亜でもそれくらいやってるって話ですよ

三上悠亜よりも取れる自信があるなら、お好きな公約をどうぞって思いますがね

要するに、公約あげるなら、それくらいの事を示さないと、客は足下見てますよと
口ではなんとでもいえるじゃないかと
まぁ、お金もかかるんで、色々調整が大変でしょうが
それぞれの気持ちもそういうところに表れるだろうと、客は見てるのは確かだと思います

あとは、まぁ、毎回、こういう賞レース関係の時に、選挙活動に関しては
色んな事をね、事前と、あと、大会後の反省ということで、様々に書いてるので
興味ある人はその辺を漁って読んでください


他には、もうみんなフルパワーでやってますが、
実際の投票は、三月中旬からって話ですからね
まず、投票日にピークにもっていかないといけないですからね
その前に盛り上がりすぎて、投票日にはもうみんなトーンダウンしてたらダメですから
一回限りの投票なら、スタートダッシュが大切でしょうからね

で、その後は、何回もいってることですが、地道な票の掘り起こしと

会場投票でひっくり返ることもあるって事は、
会場は1000人ぐらいですよ
つまり、1000票ぐらいでひっくり返るんですよね
1000人ぐらいだったら、地道に、一人でも多く投票お願いしていったら
なんとでもなりますよ

実際の選挙でもそうでしょ?
どぶ板選挙が一番きくんですよ




あ、最後に、ちょっと気になる話を聞きまして
今年は、純粋な投票だけじゃない?っていう噂がありまして
投票期間の売上も加算されるとかなんとか・・・、いや、嘘だと思いますけどね
そんなことやったら、高橋しょう子に勝ちようが無いじゃないですか
確かにね、昔、私、三上悠亜さんがスカパー!で負けた際に
「売上が投票ポイントとして加算されるなら、三上悠亜が断トツ一位なんでしょうけどねぇ
DMMならまだしも、スカパー!じゃできないでしょうけど」
って書いてはいるんですよね
ただ、ホントにそうやると、それはそれでちょっと問題が・・・
確かに、今年のスカパー!はそういう感じでお金出したファンの投票が有利になるシステムになってしまいましたが
それは、スカパー!は色々苦しいでしょうからね、資金面で
だから、それも仕方ないかなという風に思いましたが
DMMがそれやると、ガチ成分がちょっとね
ある意味ガチなんですが、うーん・・・ね




そんな感じで、今年もはじまりましたが

早速、不安を訴えてる女優さんもいますけど

よく考えてみてください

女優賞、新人賞、それぞれ、10人中、受賞できるのは、例年なら2人だけですよ

じゃ、残り8人は意味が無いのか?っていう事になるじゃないですか

じゃ、年間実働3000人(新人は約300人)と言われる、その他の女優さんはそれ以下なんですか?と

価値が無いんですか?と

そう考えるとね、選ばれただけでも、凄い話なんですよ


ですから、もっと前向きとらえて、この機会を利用してやろうと、楽しんでやろうと
そういう気持ちでいた方が良いです
まぁ、内心複雑な思いもあるとは思いますが
ただ、普段からそういう心づもりでいたら、当日も違ってくるでしょうし

だから、一番良いのは、この機会で、ファンとふれあったり、結束を強める良い機会だと
そういう風に、この大会を楽しんで、最大限利用してやろうと
そういう姿勢が、その後に関してもプラスに働くんじゃないかと思います



さて、今年はどんな結果が待っているんでしょうか










Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 年間 あとがき

 【13//2018】

※参考元データ
2017年 年間ランキング特集 - アダルト通販 - DMM.R18


これは、おまけの集計でして
殆どの人が興味無いでしょうけど、ごく希にいるこういうの興味ある人用ということで
ランキング入りするようなヒット作を出すメーカーのランキングです
ついでに、ある括りで集計しなおしたメーカーのシェア状態のグラフも書いています
まぁ、あくまでもDMMランキングがデータ元でありますので
それを差し引いてある程度見る必要があります
結局、高橋しょう子と三上悠亜なんですけどねぇ

あと、たくさんメーカーあれど、
ランキング入りする程の作品を出せるところは
40社程度という事ですね






最後に、最近、気になることを書いておきます
本当は言うべき事じゃないとは思いますけど・・・

前に別件で触れた、M山T子プロデューサーですが
この人が相変わらず業界でかなりの影響力をもっていますよね
彼女が寵愛する女優が人気女優になっていくのも事実でして

彼女が気に入った女優を使いまくる
→その作品が世の中にたくさん出る、たくさん店頭に並ぶ
→世の中の認知度が上がる→人気があがる
→他のメーカーも使い出す
→益々知名度と人気が上がる
→・・・

という業界の売れるループがありまして
これの一番の成功は上原亜衣だったわけです
まぁ、一部売名的なものもありましたが、ほぼほぼ、彼女の豪腕で売れたと言って良いです
近年では、AIKA、椎名そら、麻里梨夏ですね
当然、彼女らが気に入られるには、それだけの作品量に応えられる素質が無いといけないわけですが

勿論、業界人もこれを知ってるわけでして

それで、気になるのは、
別に仕方ないと言えば仕方ないんですけど
みんな彼女に対して、必死ですよね
権力者なんで仕方ないですけどね
殆どの人がそんな風に見てないと思いますけど
私みたいな人はちょっと気になるんですよね

彼女もそういう目で見られてるから、逆に意識して対応しないといけないでしょうし
女優側も関係者もそういう対応をしないといけないし
ということで
今年も彼女の影響力が業界の主に企画市場を席巻するのかもしれないですが
言い方が本当に難しいんですが
そのあり方って良い事なのか、正しい姿なのか
という感覚的な思いもありながら
プロデューサーとしては正しいとも理解できるしと

ただ、あんまりあからさまだと、所謂、作られた存在感が強くなってしまうのが
なんか嫌なんですよね

ということで、最近ちょっと気になることでした






Category: ランキング

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 年間 総合

 【13//2018】





順位 メーカー名 ポイント
1 ムーディーズ 4173
2 エスワン ナンバーワンスタイル 2203
3 MUTEKI 1257
4 プレステージ 1055
5 アイデアポケット 943
6 SODクリエイト 787
7 ケイ・エム・プロデュース 698
8 Hunter 411
9 kawaii 392
10 E-BODY 366
11 プレミアム 333
12 お夜食カンパニー 332
13 アタッカーズ 255
14 ナンパJAPAN 224
15 アリスJAPAN 183
16 OPPAI 164
17 えむっ娘ラボ 118
18 オーロラプロジェクト・アネックス 106
19 ミニマム 101
20 未満 84
21 アパッチ 82
22 S-Cute 80
23 JET映像 78
24 マドンナ 76
25 かつお物産/妄想族 63
26 綜実社/妄想族 62
27 エムズビデオグループ 59
28 FAプロ 58
29 SWITCH 51
30 FuuTube 50
31 ブロッコリー/妄想族 46
32 痴女ヘブン 44
33 ワンズファクトリー 40
34 First Star 36
35 溜池ゴロー 34
36 PoRO 33
37 TMA 26
38 スクープ 18
39 ディープス 15
40 鈴木みら乃 7
41 アロマ企画 5
42 ナチュラルハイ 2








Category: ランキング

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 年間 動画部門

 【13//2018】





順位 メーカー名 ポイント
1 ムーディーズ 802
2 ケイ・エム・プロデュース 698
3 プレステージ 555
4 SODクリエイト 547
5 MUTEKI 482
6 エスワン ナンバーワンスタイル 428
7 お夜食カンパニー 332
8 Hunter 197
9 アイデアポケット 128
10 ナンパJAPAN 83
11 アパッチ 82
12 JET映像 78
13 プレミアム 76
14 kawaii 65
15 かつお物産/妄想族 63
16 綜実社/妄想族 62
17 FAプロ 58
18 未満 56
19 アタッカーズ 54
20 FuuTube 50
21 ブロッコリー/妄想族 46
22 E-BODY 37
23 TMA 26
24 ミニマム 20
25 スクープ 18
26 アロマ企画 5
27 ナチュラルハイ 2






Category: ランキング

Theme: ガーディアン・ミストレス

Genre: オンラインゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 年間 レンタル部門

 【13//2018】






順位 メーカー名 ポイント
1 ムーディーズ 1360
2 エスワン ナンバーワンスタイル 891
3 アイデアポケット 485
4 プレステージ 383
5 MUTEKI 310
6 kawaii 249
7 E-BODY 149
8 アタッカーズ 146
9 プレミアム 142
10 Hunter 140
11 えむっ娘ラボ 118
12 ナンパJAPAN 106
13 オーロラプロジェクト・アネックス 106
14 アリスJAPAN 85
15 ミニマム 81
16 S-Cute 80
17 痴女ヘブン 44
18 マドンナ 41
19 First Star 36
20 PoRO 33
21 未満 28
22 溜池ゴロー 16
23 SODクリエイト 14
24 鈴木みら乃 7






Category: ランキング

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 年間 通販部門

 【13//2018】





順位 メーカー名 ポイント
1 ムーディーズ 2011
2 エスワン ナンバーワンスタイル 884
3 MUTEKI 465
4 アイデアポケット 330
5 SODクリエイト 226
6 E-BODY 180
7 OPPAI 164
8 プレステージ 117
9 プレミアム 115
10 アリスJAPAN 98
11 kawaii 78
12 Hunter 74
13 エムズビデオグループ 59
14 アタッカーズ 55
15 SWITCH 51
16 ワンズファクトリー 40
17 マドンナ 35
18 ナンパJAPAN 35
19 溜池ゴロー 18
20 ディープス 15









Category: ランキング

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る